株式会社藤江運輸は、昭和28年の創業以来道路資材の運搬を中心に業務を行ってきました。
現在、アスファルトのタンクローリー運送においては国内でトップクラスの実績と信頼を得るまでに成長しました。アスファルト運送の玄人集団、道路工事現場における運搬のコンサルタントとして、運送業務に付随する業務にも積極的に取り組んでおり、今後更なる拡大を目指しております。

創業昭和28年の歴史

株式会社藤江運輸の創業は昭和28年(1953年)。
弊社は、国内において道路の舗装工事が本格的に始まる1970年代以前から、道路資材の運搬・運送業務を行ってきました。
当時は都内の舗装率が60%前後で、民間の舗装資材運搬業者は珍しかった時代。その頃からアスファルトを販売する商社、道路工事を行う施工業者様たちのご要望に合わせてサービスを展開してきました。
私たちは、日本の道路舗装工事の成長、経済の発展と共に成長してきた企業です。

スタッフ全員が現場経験者

多くの運送業者では、営業担当者やテレフォンオペレーターは現場経験のないスタッフが担当しています。そのため、現場で作業しているドライバーや管理者が近くにいなければ、急な依頼への対応は遅くなり、通常の業務外の要求に対する判断もできません。
一方、株式会社藤江運輸では、ローテーションでドライバーや責任者が内勤で待機するなど、窓口や交渉まで現場経験者が対応。そのため、他社に比べストレスを感じさせない、スムーズな取引が可能です。

イレギュラーなご要望にも対応

アスファルトを運ぶ作業には、様々な付帯業務が発生します。
タンクからタンクまでの大量輸送が基本的な作業ですが、これには小ロットのスピーディーな輸送やデリケートな温度管理を必要とする輸送などのニーズが発生。現場で直接工事に使用できるよう重機と並走し作業にあたるサービスなども行っています。
また、様々な作業現場の事例を題材に安全ミーティングやスキルアップミーティングを実施し、サービスを充実させることで多くのお客様から喜ばれる企業を目指して参ります。